ストレスチェックを超えて

201512月に「ストレスチェック義務化法」が施行された。今や社員ひとり一人の心のタフネスを、企業にとっての最強の差別化要因であると位置づける視点が重要だ。


 

ご承知の様に、社員の精神障害を予防することを目的として、201512月に「ストレスチェック義務化法」が施行された。今や、不調からの回復や予防に留まらず、社員ひとり一人の心のタフネスを、企業にとっての最強の差別化要因であると位置づける視点が重要だ。

 

 

精神薬漬けビジネスパーソンの増加が懸念される

 

ストレスチェックとは、従業員の心理的負担の程度を測る検査。20146月に改正労働安全衛生法が成立し、従業員が50人以上の全事業所を対象にストレスチェックが義務づけられた。日経BPネット2015.12.01

この制度が、身体の健康に加え、「心の健康」に関する意識の高まりを反映している点は喜ばしい。

 

しかし、それが、「心の不調」を覚えるビジネスパーソンの急増に由来するのであれば喜べない。

さらには、心の不調には「まずは薬物」の風潮のなか、ストレスチェックの結果、精神薬漬けになるビジネスパーソンの増加がとても心配になる。

 

 

心をタフにするために「修羅場を経験しろ」には限界あり

 

また、経営・人的資源管理という観点からの課題は、ワークライフバランスなどの組織・制度面での改善の努力は見られるものの、個々人の心をタフにする試みはほぼ皆無である点だ。

 

そのような試みがあったとしても、「修羅場を経験して打たれ強くなれ」などの運まかせの姿勢が目立つ。確かに、原体験を通して心のタフさは鍛えられる場合もある。若手社員を、海外に派遣する場合などがそうだ。

 

しかし、本人に合った修羅場を企業がうまく用意できたり、本人がうまくくぐり抜けたりしてくれる保証はない。また、無防備なまま、修羅場に放り込むのも企業としては、無責任であるのみならず、リスキーでもある。

 

また仮に、修羅場をくぐり抜けたとしても、そのやり方が本人任せである限り、手法として適切であったのか、また、次の異なった修羅場にも適用できる学習であったのかも考える必要がある。

 

 

心のタフさは、最後の差別化要因である

 

もう一点、経営・人的資源管理から重要なのは、心のタフさを、「心の不調からの回復や予防策」という、ともすると消極的な位置づけではなく、企業の最後の、そして最強の差別化要因として捉える点である。

 

ノウハウや知識がほぼ全てオープンとなった今日において、最後の差別化の要素は、個々がとれだけ粘り強く、情熱を持って業務にあたってくれるかである。

 

心のタフさは、モチベーションの維持に直結している。グーグルもアップルも個々のモチベーションがその成長力の源泉であることは間違いない。

 

 

「タフネス思考強化」は学術的な裏付けのある心の鍛錬法

 

心のタフネスの鍛え方として、当事務所のタフネス思考強化」講座を勧めたい。レジリアンスやポジティブ心理学の源流である、理性感情行動心理学(REBT)に基づいた体系的な手法だ。

 

理論的に組み立てられているため、ビジネスパーソンにとても腹落ちする。本講座は、既に15年以上に亘り、多くの一流企業での導入実績を持つ。

 

タフネス思考強化」によって、貴社社員のモチベーション向上に貢献できれば幸いだ。