1. ロジカル・ライティング研修(論理表現)


 研修内容研修スライド(一部)



 研修内容研 紹介動画

メッセージの定義

メッセージの種類

ピラミッド構造




 名称

 

 ロジカル・ライティング研修

 

 

 研修講師

 

 高杉尚孝 (たかすぎひさたか)

 高杉尚孝事務所代表 筑波大学大学院客員教授

 

 

 ねらい

 

 全ての業務の土台となる、論理性と説得性を重視した思考と文書作成能力の向上を目指す。

 

 

 対象者

 

 実務経験を有する営業系、技術系、事務系など幅広い層が対象。グローバル業務従事者にも有益。

 

 

 運営方法

 

 本研修は、PPTテキストに基づいた講義に加え、

 小演習を用いたグループ討議と講師とのインタラクションによる参加型研修。

 適正人数は20~24名。復習と追加学習図書として「論理表現力」(日本経済新聞社)を使用。

 

 

 研修概要

日程

履修項目

内容

初日

序論: 論理表現力の組織的な重要性

 属人的なスキルである論理表現力が組織の強みになることを

 認識する

論理的である基本
  • よい文書の本質
  • 文書作成のポイント
  • 論理性の基本構造

 よいビジネス文書は、相手を意識した文書であることと、

 主張をした上で根拠を述べるという論理性の基本構造や

 説得力を向上させる基本テクニックを学ぶ

ライティングの基本
  • 文章構造の明確化
  • 論理接続の重要性
  • 具体性の重視

 メッセージの概念と記述、評価、規範の3種類のメッセージ

 を学習する。その上で、主語、接続、具体性を重視すること

 により、明瞭表現の仕方を学ぶ

文書設計図の作り方
  • ピラミッド構造
  • 結論付けの技法
  • 要約化の技法

 ピラミッド構造を用いた汎用性のある文書設計図の作り方を

 学ぶ。その中で、テーマの概念や結論付け、要約化、抽象化

 などの要素技術を学ぶ

2日目

読み手の分析
  • メッセージの位置づけ
  • 相手の課題の抽出

 相手の疑問に答えるかたちで、メッセージを発信する

 メリットを学ぶとともに、相手の疑問を抽出するテクニック

 を学ぶ

ストーリー展開

  • ストーリーの3本柱
  • 並列型構造
  • 直列型構造

 メッセージをストーリー化する重要性を学ぶとともに、

 並列型、直列型のストーリー展開方法を学習する

 さらに、トップダウン型の説明方法を学ぶ

総合演習とまとめ

 チームで実践的な総合演習課題に取り組む