6. 問題解決型 提案力強化研修


 研修内容研修スライド(一部)



 

 名称

 

 問題解決型ストーリーによる 提案力強化研修

 

 

 研修講師

 

 高杉尚孝 (たかすぎひさたか)

 高杉尚孝事務所代表 筑波大学大学院客員教授

 

 

 ねらい

 

 提案内容である解決策を導き出すための問題解決スキルと解決策を

 相手に効果的に伝えるストーリー展開スキルの二面から提案する力を強化する。

 その上で、実践的なケース・スタディーを用いて応用力の向上を目指す。

 

 

 対象者

 

 営業系、技術系、事務系など幅広い層が対象。特に、異文化間業務に従事するグローバル人材を含む、

 自ら動くことを求められる人材に有益。

 

 

 運営方法

 

 本研修は、PPTテキストに基づいた講義に加え、小演習を用いたグループ討議と講師との

 インタラクションによって構成される参加型研修。参加人数上限24名。

 復習と追加学習図書として「実践・プレゼンテーションのセオリー」(NHK出版社)を使用する。

 通学型二日間研修が基本。一日研修としての実施も可能。

 

 

 研修概要

日程

履修項目

内容

初日

序論:問題解決としての提案力

 

 提案力とは、相手の問題に対する解決案を提示する力で

 あることを確認する

 

問題解決の技術

  • 問題発見と課題設定
  • 代替案の立案
  • 解決策の選択と実施

 相手の問題を三つの原型として把握するとともに、

 課題を設定する能力を養う。さらに、代替案の立案技術を

 磨いた上で、適切な意思決定を下す技術を学習する

ストーリー展開の技術

  • 物語る重要性
  • 物語の基本展開
  • 物語の種類

 ファクトやデータをストーリーとして語る重要性を確認

 する。その上で、相手に解決策を適確に伝えるための

 ストーリー展開の種類と手法とを学習する

問題解決型ストーリー展開

  • 物語と問題解決の融合
  • 相手の課題発見
  • 課題と物語の関係

 問題解決とストーリーを統合させた、問題解決型ストーリー

 展開の技法を学ぶ。特に、相手の課題認識に合致した物語の

 構築方法を重視する

2日目

ケース分析と発表

 

 応用力を養うため、参加者のニーズに合致した実践的な

 ケース・スタディーを用いながらのグループ討議と発表を行う

 

 

まとめ